衝突回避・運転支援システムにおいて

現在、衝突回避システムとか運転支援システムなどと呼ばれる、事故のリスクを減少させたり、安全運転をアシストする為のシステムを装備した車種が増えています。

その内容はメーカーを通じてまちまちですが、断然ベーシックなものとしては、ミリ波レーダーやステレオカメラにより前車との距離を感知し、ピンチに自動的にブレーキを掛けて追突事故を回避したり、万が一追突した場合の衝撃を軽減する機能が挙げられます。

こういう機能に限定した場合、コストがさほど小さく抑えられる為、価格的制約の大きい軽自動車やコンパクトカーに好んで採用されます。

又、たった車との追突防止だけではなく、歩行者や自転車まで感知し、自動的にブレーキを掛けて接触事故を防ぐ機能を備えた車種もあります。
ここまでの機能を有する車種はまだまだ早く、メルセデス・ベンツやボルボ、スバルなど一部のメーカーの車種に限られます。

余計、こういう機能を応用し、全速度域に関して前車との距離を一定に保つオートクルーズ機能を備えた車種もあります。
これも相応にコストが増える為、こういう機能が装備されるのは、主にミドルクラス以上の車種に限られます。

その他では、車線を逸れそうになると、ステアリングに振動を加えたり自動的に修正したりして運転を支援するシステムや、死角における車を感知して車線変更の際に警告を響かせるシステムなど、安全運転をサポートする為の様々な運転支援システムが開発され、装備されている。

そういった装備に関しては、メーカーにより温度差があり、力を入れておるメーカーってそうでないメーカーというに、きちんと分かれます。

メルセデス・ベンツやボルボは、昔から安全対策に力を入れておるメーカーだけあり、衝突回避・運転支援システムにも積極的に取り組み、多くの車種に装備されている。
国内メーカーでは、スバルが非常に力を入れてあり、登録車の多くの車種に標準又はオプションで装備出来るようになっている。輸入車 人気 ランキング