厳しい物を少しだけ売って売り上げる

車に詳しくない人もほとんど知っているイタリアのフェラーリ。2014年の第一四半期の決算を発表しましたが、売り上げも利益も順調に伸びています。しかし、販売台数は減っていますが、これは「希少価値を上げる」という同社の戦略によるものです。少し前に社長だか会長だかが「中国で売れすぎているし、よく売れすぎるとどこにでもある車になってしまう。ですから、希少価値を維持するために販売台数を制限する」って述べていたものを実践した訳ですね。
販売台数を減らして利益を増やせるなんで、世界中で1,000万台の車を並べるトヨタまでは全く逆の経営方法だ。でも業績が在るんだから、フェラーリは高くても売り払える車ということですね。まさに、かりに高級車もそれこそカローラみたいにその辺を益々走っていると、ちょっと興ざめしますから。見た瞬間に「お、フェラーリ」ってでっちあげることがフェラーリがフェラーリです理由の一つだ。そういうというランボルギーニとかもおんなじはずですが、我が国だけ?かもしれませんが、のほほんとフェラーリって別格って感じが講じるんですよね。今時、フェラーリ以上におっきい車なんてブガッティとかマクラーレンとかいくらでもあるんですが、まぁ、ただ一番名前が知られているだけなのかもしれないですね。 コンパクトカー 人気

似たような車

自分が乗っている車と同じ車種をみかけるといった、どうしても快くなります。全然知らない人ですが、仲間意識が動く感じです。その逆に似たような車ですが全然違う車種違うメーカーですと、それほどいい気分ではありません。本家争いというか、私の乗っている車が本物です(とも本物ですが)、というふうに感じます。
最近の傾向かもしれませんが、コンパクトカーの流行のためか、コンパクトカーのデザインが薄々通じるように思います。ついでに色も似たようなものがあります。私が乗っている車の色は、限定色という空の青みたいな感じなのですが、他のメーカーの車も似たような色を通じている場合がありますが、限定色じゃなかったのか?とすっきりとめる感じになります。
あれは、私と同じ車種です、として近寄ったら、車のエンブレムが違っていて、これ違う、みたいにがっかりする時があります。似たようなデザイン、似たような色だからだ。
どうして、こんな感じとしてしまうか。流行みたいなものはあると思いますが、車のデザインなんぞ、メーカーのトップシークレットだので、本来同じ感じになるのはあり得ないと思いのですが。
次は、他社ではあり得ないような個性的な車にのぼりたいと思います。車査定 相場