自動車税制の変更って、検討したほうがいいこと

自動車税制は、消費税の増税に伴いいくつか変更がありました。
2015年4月からは新しく軽自動車を購入したときの軽自動車税が増税されます(当面は現在乗っている軽自動車の分の軽自動車税は変わらず)。
ETC割引も縮小・あるいは廃止されたものも多いので、軽自動車の割引はまだまだ存続していますが、高速によるときの料金はどの車も以前より上がっています。
また、消費税が10%になる場合は自動車取得税が廃止されますが、がんらい取得価格が50万円を下回る場合は非課税でした。新たに環境性能課税が導入される予定もありますので、購入時の負担は大きくなる可能性もあります。
自動車重量税も変更があり、新車登録から13年を経過した自家用車の税率が上がります。古くさい車を乗り続ける場合、車検を通すときの税負担は今よりも大きくなります。
このように負担増が貫く自動車税制ですが、自動車税の支払いが済んでいないといった車検も通せませんし、車を売却することもできません。
車検が残っている車がある場合、乗っていなくても自動車税がかかります。今後も使用する予定が無い場合、自動車税の納付が済んでいるうちに売却や廃車等の手続きを済ませてしまった方がいいと思います。
車検が切れている車の場合、都道府県によっては自動車税の納付が保留される場合もありますが捨て置くだけで費用が繋がる場合もあります。
今後一段と税制が貫くうちに、不要な車は早めに処分を検討した方がいいかもしれません。セダン人気ランキング|2017年国産&輸入セダンを比較!

衝突回避・運転支援システムにおいて

現在、衝突回避システムとか運転支援システムなどと呼ばれる、事故のリスクを減少させたり、安全運転をアシストする為のシステムを装備した車種が増えています。

その内容はメーカーを通じてまちまちですが、断然ベーシックなものとしては、ミリ波レーダーやステレオカメラにより前車との距離を感知し、ピンチに自動的にブレーキを掛けて追突事故を回避したり、万が一追突した場合の衝撃を軽減する機能が挙げられます。

こういう機能に限定した場合、コストがさほど小さく抑えられる為、価格的制約の大きい軽自動車やコンパクトカーに好んで採用されます。

又、たった車との追突防止だけではなく、歩行者や自転車まで感知し、自動的にブレーキを掛けて接触事故を防ぐ機能を備えた車種もあります。
ここまでの機能を有する車種はまだまだ早く、メルセデス・ベンツやボルボ、スバルなど一部のメーカーの車種に限られます。

余計、こういう機能を応用し、全速度域に関して前車との距離を一定に保つオートクルーズ機能を備えた車種もあります。
これも相応にコストが増える為、こういう機能が装備されるのは、主にミドルクラス以上の車種に限られます。

その他では、車線を逸れそうになると、ステアリングに振動を加えたり自動的に修正したりして運転を支援するシステムや、死角における車を感知して車線変更の際に警告を響かせるシステムなど、安全運転をサポートする為の様々な運転支援システムが開発され、装備されている。

そういった装備に関しては、メーカーにより温度差があり、力を入れておるメーカーってそうでないメーカーというに、きちんと分かれます。

メルセデス・ベンツやボルボは、昔から安全対策に力を入れておるメーカーだけあり、衝突回避・運転支援システムにも積極的に取り組み、多くの車種に装備されている。
国内メーカーでは、スバルが非常に力を入れてあり、登録車の多くの車種に標準又はオプションで装備出来るようになっている。輸入車 人気 ランキング

普通のムーヴは軽四界のベンチマーク的存在です

最近元気がないダイハツ・ムーヴ。今のムーヴは5代目ということですが、個人的には3代目のムーヴ、何より丸目の後期型カスタムが好きでした。今のカスタムも好きですが、ただし幾らかデザインがコテコテ過ぎて万人受け断ち切るだろうなというのはなんとなく分かります。

特に今のムーヴはカスタムではなく「普通のムーヴ」が好きですね。おんなじダイハツの軽四でタントがバカ売れやることを思うと、ムーヴも上品な方にイメージをシフトして言う方が良いかと思います。ホンダもマイルドな感じのN-BOXがムーヴによって売れていますし、ムーブカスタムというワゴンRスティングレーといったでいつまでも硬派なイメージ合戦で争っていると世間から乗り遅れるような気がするのです。その意味でも普通のムーヴにこそ頑張ってほしいですし、走行安定性能の評価は高いのですからN-BOXとさらに張り合っても良いように思いました。

とはいえムーヴカスタムも望ましい車だ。言っていることが矛盾しているような感じですが、長距離を乗っかるならカスタムの方が楽でしょう。普通のムーヴは非力になっているので、しばしパワーが欲しい人の場合はカスタムを選ぶしかありませんし。いずれにしてもオールマイティな性能を持つ軽四を望むのならムーヴは結構対する車です。車査定

歴代ランエボの人気投票の結果は

近々終了生産する三菱のランサーエボリューション歴代モデルの人気投票が三菱自動車の公式HP上で行われてたらしいのですが、その結果が発表されました。1位は最終型のランエボX(エボX、エボテン)だったそうです。車好きからするとこういう結果はなんとなく意外な気もしましたね。なぜなら、エボXが発表されたときは、ボディの大型化ってその重量など、どちらかというと批判的意見が多かったからです。エンジンもアルミブロックになって耐久性に疑問があったり、一つ前のモデルの方が手早いという意見もそれほど見られました。
その一方、エボXが日本初の2ペダルマニュアル車(一般的にはDCTと呼ばれています)となった、SSTモデルは評価が高かったように思います。但し、レースの現場からはそのままではレースに使えないという意見が出ていたし、万が一壊れた場合には分解修理できないので、コミュニケーションごと交換になるので修理代が厳しいという話もありました。
予め同じコミュニケーションを採用していた欧州車では10万kmもたないという話を聞いたこともあります。SSTモデルが発売されてから随分たつので、中には10万kmほど走った車もあると思います。最近の日本車もDCTの採用が増えているので、エボXのSSTの耐久性にあたってまとめたデータがあると多々参考になると思いますが、さぞ出てこないでしょうね。SUV 人気

恥ずかしい動画も取り去り放題?

日本国内の某所でランボルギーニが起こした事故現場がYoutubeにアップされています。こういう事故では高速道路のパーキングエリアから加速するまま起こった事故なので法規的には問題ないと思いますが、ドライバーとしては恥ずかしい限りですね。
ランボルギーニの集まりだったみたいでギャラリーも多くいたことから、多分ドライバーはかっこつけようとしたのかサービス精神からか、アクセルをまるごと践んでホイルスピンしたみたいですが、そういった動画を見るとむしろパワフル車は運転が苦しいなぁ、と思います。事故を起こしたランボルギーニはほんのり古い型だったので、ローンチスタート機能とかついてなかったと思いますが、最近の車だったらローンチスタートとかトラクションコントロールが標準装備になっているので、そんな事故は起こらなかったかもしれないですね。まぁ、電子制御があったところでアクセルべた踏みは怖くてできないと思いますが。だだっ広いパーキングとかサーキットとかだったらやってみてもいいですが、公道では無理ですね。
それにしてもYoutubeで検索すると色んな車の事故現場を見ることが出来ますが、ほぼの場合は高級車が思い切り見つかります。とにかく安い車が事故っても珍しくないし、高級車やスーパーカーの事故のほうが物珍しいはわかりますが、ドライバーとしてはたまったものではありませんね。軽自動車 人気

厳しい物を少しだけ売って売り上げる

車に詳しくない人もほとんど知っているイタリアのフェラーリ。2014年の第一四半期の決算を発表しましたが、売り上げも利益も順調に伸びています。しかし、販売台数は減っていますが、これは「希少価値を上げる」という同社の戦略によるものです。少し前に社長だか会長だかが「中国で売れすぎているし、よく売れすぎるとどこにでもある車になってしまう。ですから、希少価値を維持するために販売台数を制限する」って述べていたものを実践した訳ですね。
販売台数を減らして利益を増やせるなんで、世界中で1,000万台の車を並べるトヨタまでは全く逆の経営方法だ。でも業績が在るんだから、フェラーリは高くても売り払える車ということですね。まさに、かりに高級車もそれこそカローラみたいにその辺を益々走っていると、ちょっと興ざめしますから。見た瞬間に「お、フェラーリ」ってでっちあげることがフェラーリがフェラーリです理由の一つだ。そういうというランボルギーニとかもおんなじはずですが、我が国だけ?かもしれませんが、のほほんとフェラーリって別格って感じが講じるんですよね。今時、フェラーリ以上におっきい車なんてブガッティとかマクラーレンとかいくらでもあるんですが、まぁ、ただ一番名前が知られているだけなのかもしれないですね。 コンパクトカー 人気

似たような車

自分が乗っている車と同じ車種をみかけるといった、どうしても快くなります。全然知らない人ですが、仲間意識が動く感じです。その逆に似たような車ですが全然違う車種違うメーカーですと、それほどいい気分ではありません。本家争いというか、私の乗っている車が本物です(とも本物ですが)、というふうに感じます。
最近の傾向かもしれませんが、コンパクトカーの流行のためか、コンパクトカーのデザインが薄々通じるように思います。ついでに色も似たようなものがあります。私が乗っている車の色は、限定色という空の青みたいな感じなのですが、他のメーカーの車も似たような色を通じている場合がありますが、限定色じゃなかったのか?とすっきりとめる感じになります。
あれは、私と同じ車種です、として近寄ったら、車のエンブレムが違っていて、これ違う、みたいにがっかりする時があります。似たようなデザイン、似たような色だからだ。
どうして、こんな感じとしてしまうか。流行みたいなものはあると思いますが、車のデザインなんぞ、メーカーのトップシークレットだので、本来同じ感じになるのはあり得ないと思いのですが。
次は、他社ではあり得ないような個性的な車にのぼりたいと思います。車査定 相場

自動車の主要部品と炭素繊維の採用に関して

今朝、自動車関連のニュースを見たら、
今後の自動車の主要部品には炭素繊維で作られた部品の採用が増えるという記事が載っていました。
炭素繊維は同体積の鉄よりも60%も何気なく、しかも強度は10倍も硬いので、
スポイラーなどの外装部分にしばしば使用されていることは知っていましたが、
これまでは値段が思い切り厳しいのがネックだと言われ、外装部品以外の主要部品にはきちんと使用されていませんでした。
但し最近で技術力の向上って量産することによって、
炭素繊維の価格が大層下がってきているようです。

因みに私が昔は、NSXのボディをホール・アルミニウムにすることによって、
鋼板使用時と比べて200kgほど軽量化したというニュースが大々的に報道されていたものですが、
それを考えると技術の進歩は恐ろしいですね。コストダウンや強度増加を踏まえながら、
いくらでも軽量化への道をたどっているようです。

それと気になるのが、国内の素材メーカーの活躍ですね。
炭素繊維については、東レ、帝人、三菱レイヨンの3社が、
世界生産の70%を占めているらしく、今後の活躍が期待できそうだ。
しかし炭素繊維の使用が増えれば、国内の製鉄メーカーの生産が凹むことになるので、
これが少し心配です。ミニバン 比較

便利な自動車

自動車は便利な乗り物だ。
例えばバスなら所定の時間までにバス停に関していなければならないし、バス停に関していたところで、時間通りに来るとは限りません。
電車は時間通りにしまうが、一旦事故も起これば大混乱だ。
その点自動車というのは、運転さえできれば自分の好きな時間に出発させることができます。
自分の思い通りに時間を使え周りに囚われることがない。
これはかっこいいことでしょう。
とくに、バスや電車がまともに走っていない田舎暮らしの人には必須の存在といえるでしょう。
但し、あんな自動車も便利なことだけではありません。
お酒を飲んで運転すれば飲酒運転でつかまります。
ガソリン代や、車検の費用や自動車税などさまざまな費用が家計を圧迫行なう。
旧型は自動車を持つことが、一種のステータスみたいな風潮もありましたが、今はすっかり廃れています。
でもなぜ、今現在自動車がこの世に存在するかというと、最も必要としている人がいるからにほかなりません。
自動車は一歩間違えれば大惨事になります。ですから免許証というものが存在します。
それでも正しく使えば融通も利くし、これほど便利な乗り物もほかにはないでしょう。スポーツカー ランキング